ロゴ

トラブルは専門家に依頼で解決可能

日常生活の中で、交通事故トラブル等いつ起こるか誰も分からないものです。身の回りのトラブルは、特に法律関係が必要なもめ事となると、なかなか自分で解決することは難しいものです。そんな時は、専門家に頼むとスムーズに事が運びます。

弁護士と税理士の違い

法律のスペシャリストである弁護士

弁護士は、法律に詳しく、法律の知識が必要なトラブルにすぐに対応してくれます。依頼人の利益を第一に考えてくれるので、法律トラブルがあった時に頼りになる存在と言えます。

税金の専門家である税理士

実際のところ、相続や、税務関係の手続き等は、弁護士でも行うことは可能です。しかし、税務関係の仕事は専門的な知識が多く、手続きも煩雑なため、手掛ける弁護士は少ないです。税関系はやはり、専門家の税理士に頼む方がスムーズです。

自分の悩みに合ったプロを探す

法律関係の悩みは、身近でそんなに頻繁に起こる事でもなく、あまりなじみがないので、どこに相談したらいいのかパイプがないという方も多いです。しかし、自分で対応しようと頑張って一から勉強しても限度がありますし、膨大な時間と手間がかかってしまう事になりかねません。自分で無理と感じたらすぐにプロに入ってもらうことも大切です。

弁護士に依頼できる内容

相談

過払い金の請求

テレビCM等が多く流されたため、認知度が高くなりましたが、今では違法とされる金利でお金を借りていた場合、返済しすぎていた分のお金を取り戻すための相談も弁護士に行えます。

交通事故の示談交渉

交通事故の示談交渉も、弁護士に良く依頼される内容のうちの一つです。最近では、自動車任意保険の中に弁護士用の特約が付いていることもあり、その場合は、弁護士費用を保険で賄うこともできます。

離婚を有利に進める

離婚をするときに、弁護士を挟まずに当事者だけで進めることはもちろんできますが、双方の意見がかみ合わなそうな場合は、後々のトラブルを回避するためにも早い段階で弁護士を入れておくほうが有利です。

債務整理も相談できる

債務整理というと司法書士に相談というイメージもあるかもしれませんが、弁護士に相談するメリットはたくさんあります。司法書士の場合、個別の債務額が140万円以上の場合は扱えないという上限がありますが、弁護士にはそういった上限がありません。

近隣トラブルにも対応

近年騒音などの近隣トラブルから殺人事件に発展するなんて言うケースも怒りえる時代です。こじれて最悪のケースになる前に弁護士に相談するのも手です。弁護士に内容証明書を送ってもらったら、迷惑行為がやんだというケースも多いです。

横浜で相続トラブルに悩まされているなら注目!

法律が絡むトラブルは弁護士に任せるのがベストな選択

法律書

弁護士に依頼する前の注意点

正式に依頼する前にその弁護士を自分が信頼できるか見極める事が大切となります。一口に弁護士と言っても得意分野はその人によって異なります。考え方や性格が自分とあっているかが大切になってきますので、できればセカンドオピニオン的に複数の弁護士にまず見解を聞き自分が一番信頼できると思った人に任せることが大切です。

ジャッジガベル

弁護士依頼にかかる費用相場

弁護士にかかる費用として、基本的なパターンですと、相談料・着手金・成功報酬といった費用が必要となってきます。相談料は、初回は無料サービスのところも多いです。相場として、一時間5000〜10000円といったところです。着手金は、正式に依頼することになった時に発生する費用です。内容によって異なりますが、交通事故の示談交渉等の場合10万円以上くらいです。

離婚を弁護士に相談したいなら注目!

不倫で慰謝料請求をするなら弁護士へ相談を★

福岡で有名な弁護士はこちら☆